ツールとワークショップ

小規模ワークショップ向けのスマートストレージ


スロット付きシェルフは、各種ツールを保持するのに最適です。写真:JProvey

妻と私は最近小型化したので、最近はずっと小さな地下のワークショップで間に合わせています。私の古い地下室には最大4つのワークベンチを設置できましたが、現在は5 x 8フィートのスペースしかありません。これは、作業台とコンパクトで整頓されたワークショップ用の収納スペースです。

大型の固定式動力工具は問題にならないかもしれませんが、間違いなく、物を修理したり、木製のおもちゃや額縁のような小さなプロジェクトを構築するのに十分な余地があります。必要なアイテムを見ることができるのが好きなので、新しいワークショップのデザインにはかなりの棚が含まれており、ハンドツールや携帯用電動工具からドリルビットや接着剤のボトルまですべてを保管する予定です。

ドライバー、鉛筆、パンチなどを保持するための棚に穴を開けます。写真:JProvey

すべてが手の届くところにあります。作業台の高さのすぐ上にある狭い棚には、ペンチやドライバーを保持できるさまざまな直径の穴が付いています。プライヤーには通常、3/4インチの穴が必要ですが、ドライバーは小さな開口部に収まります。最適な組み合わせを見つけて、退屈になってください!

プラスチック製の浴槽(小さなアイテム用の挿入トレイ付き)は、頻繁に使用しないジョブ固有のツールと消耗品を整理します。これらは私の作業テーブルの下に収納します。 1つのタブは、予備のレセプタクル、スイッチ、およびワイヤを含む電源用です。大きなタブには、ペイントトレイ、攪拌棒、ローラーフレーム、ローラーカバー、ブラシなどが収納されます。 3番目は、その他の配管用品に当てられます。プロパントーチ、点火装置、プロパンキャニスター、パイプカッター、フラックス、テフロンテープ、はんだなどです。

再利用可能な食料品の袋に安全装置を収納し、フックから吊るします。写真:JProvey

安全袋。 再利用可能な食料品袋に安全メガネ、ゴーグル、防塵マスク、人工呼吸器、手袋、耳栓を入れます。バッグをフックに掛けて、仕事が始まるときにつかんで行きます。

吊り下げ工具の保管には、バンジーコードハンガーを使用します。写真:JProvey

バンジーハンガー。 根太の間の電気ケーブルの間にバンジーハンガーを張ることにより、軽量アイテムを吊るすための迅速で便利な場所を作成できます。これは、コードをひもで締めることができる開口部を備えた、あらゆるもののクランプまたはロールを保管するための優れたアプローチです。

「ヘルパーシェルフ」は、小さなアイテムを保管するための表面を2倍にします。写真:JProvey

キッチンとオフィスの主催者。 キッチンやホームオフィスからアイデアを借りる。保管方法が別の部屋で既に機能している場合は、ワークショップでも同様に役立つかもしれません。たとえば、キッチン用に設計されたワイヤーメッシュ「ヘルパーシェルフ」を使用して、ナットとボルトを収容します。一方、サンドペーパーを整理する方法として、古い金属製ファイルホルダーを再利用しました。

小さなワークショップで成功するための秘Theは、常にエリアを整理して行動の準備を整えることです。私はその高尚な目標にまだ到達していないことを認めなければなりませんが、これらのアイデアは私の仕事の表面を少なくとも時折垣間見るのに役立ちました!

ワークショップの詳細については、以下を考慮してください。

理想的なワークショップのレイアウト
ワークショップを清潔に保つ
方法:ワークショップにストックする