ペインティング

Dream It、Do It:ラミネートのペイント方法


私は最近、本棚に大いに必要な変身をしました。私が部屋を深い青色に塗って以来、このフェイクウッドの家具は壁の暗い色合いで失われていました。変革が必要であり、本棚に白いペンキを塗った新鮮なコートが完璧なソリューションでした。

ステップ1:サンディング
最初に、各本棚にオービタルサンダー(伝承、お気に入りの電動工具)で適切なサンディングを施しました。これらの本棚は、フェイクウッドのラミネートが外側にあるパーティクルボードのような複合材でできています。表面は本質的に紙であるため、研磨しすぎないことが重要でしたが、塗料が表面に吸収されるように十分に「粗く」することが重要でした。

ステップ2:プライミング
次の重要なステップは、すべての表面をプライミングすることでした。 Kilz Primerを使用しました, 塗料が付着する表面をブロック、シール、および準備します。

特にラミネートに塗装する場合、プライマーは重要です。木材とは異なり、ラミネートは滑らかで非多孔質の材料なので、プライマーを「つかむ」ために何かが本当に必要です!プライマーが完全に乾くまでに7日かかることが示唆されています。

ステップ3:塗装
サンディング、プライミング、およびいくつかの更新を行った後、ペイントする時間でした!角にブラシを、平面にローラーを使用しました。特定の領域では、最初にブラシを使用し、次にローラーで同じ表面を走査して、滑らかでストロークのない表面を実現しました。

ヒントを次に示します。 表面がサンディングされていないか、十分にサンディングされていない場合、塗料は適切に付着していないため、右図のように「泡立ち」または斑点ができます。

正直に言うと、これらの本棚は、完全に覆われていると感じるまでに約3〜4回塗りました。そして、表面が乾いた後でも、少なくとも1週間は棚に何も置きませんでした。ペイントが完全に硬化するまで約30日かかります。重い本やアクセサリーが本棚に置かれるので、ペイント作業が台無しになったり、剥がれたりする危険はありませんでした。

これが結果です…

さわやか!次に、本とアクセサリーを追加します。

ラミネートの塗装は難しくありませんでしたが、木材の塗装よりも時間がかかりました。要約すると、最も重要なステップは、ペイントする前にすべての表面を研磨して下塗りすることです。これらの2つのステップをスキップすると、ペイントには何も付着せず、ほとんどの場合すぐに剥がれてしまいます。このプロジェクトに入ると、塗料がこんなになめらかであるかどうかはわかりませんでしたが、正しい準備のおかげで、結果に興奮しました。

SAS Interiorsの背後にある創造力であるJenna Burgerは、妻と母親は言うまでもなく、ホームブロガーであり、プロのインテリアデザイナーでもあります。彼女は幼少期からインテリアに情熱を注いできましたが、建築を通じてフィールドでのスタートを切りました。卒業後、彼女はギアを切り替え、インテリアデザイナーになるという彼女の夢がついに現実になりました。簡単なチュートリアル、独創的なインスピレーション、そしてこのテーマに対する否定できない情熱を備えたJenna Burgerは、忘れがたいデザイン名です。