住宅の売買

バイヤーのために購入


今日のスマートな購入方法は、再販を念頭に置いたものです。

ほとんどの住宅所有者と同様に、7〜10年で販売する場合、住宅の市場性を形成する可能性が高い4つの長期トレンドを次に示します。

現地雇用率。 これは、地元の住宅経済にとって最も重要な要因です。金利も重要ですが、仕事がなければ人々は家を買う余裕がありません。新しい地域に引っ越していて、購入するのかレンタルするのかわからない場合は、失業傾向を調べてください。

歩きやすさ。 公共交通機関や都市のジョブセンターに簡単にアクセスできる都市部の地域は、比較的安定した不動産価値を享受しており、最初に回復しています。明日のバイヤーは車を使わないことを重視するので、歩きやすさは家の価値を高めます。

アメニティ。 ミレニアル世代と団塊世代には共通点があります。どちらも高価なメンテナンスや機能を購入する余裕がありません。固定資産税は、地方自治体の予算に圧力がかかっているため、上がるだけです。光沢のあるアメニティの重要性はそれに応じて低下します。翻訳:プール、手入れの行き届いた造園、繊細な内装仕上げは、家の再販価値を制限する可能性があります。中規模のロット、柔軟な内部スペース、高効率の冷暖房システム、頑丈な仕上げにより、再販の魅力が広がります。

表面と仕上げ。 安価な仕上がりはレンタルでは問題ありませんが、その投資不動産を売却するときは、アプライアンス、カウンター、さらには備品をアップグレードする必要があります。床は新しく仕上げる必要があります。カーペットが必要な場合は、新品である必要があります。レンタルをセールに変えるのにかかる数千は、あなたのテイクをかなり減らすことができます。良質の配管器具、床、キャビネットを設置し、交換が必要なことがわかっている仕上げにかける費用を減らします。

住宅の売買の詳細については、以下を検討してください。

改修のためのFHA資金調達?はい、でも…
自立した生活を可能にすることで家の価値を高める
抵当流れの家を買う前に考慮すべき10の事柄