ツールとワークショップ

パワードライバー


パワードライバーは、実際的な目的のために、電気ドリルを再設計および再設計したものです。ドリルとドライバーは互いによく似ていますが、幅広いドリルを把持できる調整可能なチャックの代わりに、パワードライバーは標準化されたドライバービット(通常はプラスヘッド)のみを受け入れますが、スロット付きおよびその他のヘッドタイプも使用できます。

誰もがパワードライバーを必要とするわけではありません。もともと、それらは乾式壁(した​​がって、別名、乾式壁ドライバー)の設置者が使用するために設計されました。経験豊富なユーザーの手で、彼らは驚くべき速度で乾式壁ねじを駆動し、時間を節約し、請負業者にとってはお金を節約します。

電気ドリルのように、パワードライバーはリバーシブルで、可変速度制御が必要です。ドライウォールドライバーは、およそ3/8インチドリルのサイズであり、トリガー制御を備えたピストル型の設計を共有しています。また、ドライバーにはロックボタンがあり、ロックボタンを押すと、ドリルが継続的に実行されます。

電動ドリルは、ビットの先端を囲む調整可能なコーンを備えているため、わずかに異なって見えます。このノーズピースは止め具として機能し、ビットが事前に設定された深さでネジの駆動を停止します。ドライバーが連続して走行しているときにビットにネジを送りやすくするために、ビットホルダーの基部にあるポジティブクラッチメカニズムが回転モーターをオンまたはオフにします。ビットがワークピースに押し込まれたときにのみ、クラッチがビットを回転させます。

標準の電動ドリルはドライバービットを受け入れ、場合によっては、パワードライバーのストップメカニズムとクラッチメカニズムを欠いていますが、同じ仕事を非常に適切に実行します。ただし、大量の乾式壁を吊るすことを計画している場合、乾式壁ドライバーは決して不必要な浪費ではありません。市販の電動ドリルは、ねじを打つために設計されていないため、ドライバーとして長期間使用すると、寿命が大幅に短くなる可能性があります。

市場には、さまざまな軽運転の雑用を実行できる別のクラスの運転ツールがあります。インラインドライバーとして知られているこれらの充電式コードレスドライバーは軽量で(ほとんどのモデルの重量は2ポンド未満)、家の周りのネジを取り外してねじ込むのに便利です。頑丈なタスク用のトルクはありませんが、保管と使用は簡単です。