未分類

XcodeでiPhone用の「HelloWorld」アプリを開発する方法


今日は、iPhone / iPod touch用の「HelloWorld」アプリをコーディングして、ObjectiveCで開発するための非常に簡単な例を取得します。誰もが最初にこのことを理解する必要があるため...

最後のGUIDで「シングルビューアプリケーション」を設定しました。左側にいくつかのファイルが表示されます。現時点で興味深いのは、ViewController.m、.h、.xibの3つのファイルだけです。

ViewController.xibファイルを1回クリックすると、デバイス上のアプリとして表示されるユーザーインターフェイスが含まれていることがわかります。右側のメニューからドラッグアンドドロップすることで、追加および配置できます...

ここに、前のスクリーンショットの右側が表示されています。すべてのネイティブインターフェイスオブジェクトを右側のメニューから中央のインターフェイスにドラッグアンドドロップして、上記の設定を行うことができます。

このアプリでは、ラベルとボタンオブジェクトを使用して、画面上の好きな位置に配置します。

次に、.hファイルのラベルに名前を付けてクリアする必要があります。したがって、ViewController.hの左側のメニューを1回クリックします。次に、上の画面で選択したコードを追加します...

このコードでiPhoneに伝えます。アプリで「ourLabel」と呼ばれるラベルを使用して、テキストやその他の設定を設定します...

Labelオブジェクトをインターフェイス上のLabelに接続しましょう...そのためには、ViewController.xibに移動し、小さなボックスを1回クリックして、「ctrl」キーとマウスボタンを押したまま、ラベルに線をドラッグします。

真っ黒なメニューから「ourLabel」を選択します。これで、Labelオブジェクト「ourLabel」をユーザーインターフェイスのLabelに接続しました...コードで「ourLabel」を使用するたびに、このラベルを意味します。

小さなボックスからオブジェクトに線をドラッグするには、キーボードの「ctrlボタン」とボックスのマウスを押したまま、接続するラベルまたはボタンのすぐ上でマウスを離す必要があります...

では、iPhoneシミュレータで何をしたかを見てみましょう。そのためには、XCodeの左上にある大きな再生ボタンを押すだけです。次に、MacでシミュレートされたiPhoneが表示されるまで待ちます

iPhoneシミュレーターは次のようになります...以前にInterfaceBuilderで作成したインターフェイスを確認できます...ボタンにアクションを与えて、最初の「HelloWorld」アプリを完成させましょう。

動作するコードを追加するには、左側のメニューでViewController.mを1回クリックします。ここにアプリの動作が表示されます...選択されていないコードはデフォルトでXCodeによって追加され、選択されたコードを追加する必要があります。

「sayHelloWorld」という名前のIBActionを追加するだけです。 {...}の間に、アクションを呼び出した後に実行されるコードを追加します...この場合:ourLabelはテキストを「HelloWorld」に変更する必要があります...

...テキストの配置を中央に、背景色を黄色にします。次に、ActionをInterfaceBuilderのボタンに接続します

これを行うには、ViewController.xibに変更し、前と同じように、Ctrlキーとマウスボタンをクリックして押したまま、ボタンから左側の小さなボックスに線をドラッグします。リリースより...

これで小さなウィンドウが開き、「sayHelloWorld」アクションをクリックできます...以前に* .mファイルに書き込んだアクションでした。そこで、ウィンドウ内のアクション名をクリックして接続します...

これで、次のようになりました.... xibファイルにラベルとボタンを追加しました。 .hファイルに「ourLabel」というラベルオブジェクトを作成し、.mファイルに「sayHelloWorld」というアクションを作成しました。また、私たちは...

...「ourLabel」オブジェクトをラベルに接続し、ボタンをアクションに接続しました。これで、もう一度[再生]を押して、iPhoneシミュレーターで行ったことを確認する準備ができました...

シミュレーターでは、私たちが行ったことを確認します。すべてがセットアップしたようになります。次に、ボタンを押してアクションを呼び出します...

を押すと、ラベルがテキストで塗りつぶされ、背景色が黄色になり、配置が中央に変更されます...「HelloWorld」アプリが終了したようです。 :-)

概要:*。hファイルは(基本的に)オブジェクトをクリアするために使用されます...ここでは、Label、TextField、またはButtonsをクリアし、InterfaceBuilderからのビジュアルオブジェクトに接続するための名前を付けます...

... * .mファイルは、アクションと主な重要なコーディング用です。ここでは、アプリにすべての機能を提供します。これはオブジェクトに対して行う必要があります。そして、オブジェクトをインターフェイスに配置するための.xibファイルを取得しました

次の方法は、UINavigationcontrollerの使用方法です。これは、リストアイテムを選択した後、リストとビューが変更されたアプリを開発するためです。これであなたはあなたの最初を作成することができます...

...複数のビューとテーブルビューの使用法を備えた本当に印象的なアプリ。ステップについて質問がある場合、または説明が速すぎる場合は、コメントを残して、今後のガイドを改善してください。ありがとうございます:-)


ビデオを見る: Swift歴年だけどもうFlutterだけで行こうと思いますプログラミングアプリ開発 (12月 2021).