住宅の売買

高齢者への販売:高齢の住宅購入者を獲得する方法


過去には、退職者は南に逃げ、北東部、中部大西洋、および中西部を避けて、より陽気でより温和な気候を支持していました。しかし、今日の高齢者にとって、それは別の話です。高齢化する団塊世代は小型化されているかもしれませんが、より頻繁に、彼らは選択しています じゃない 地理的に移転する。

これは住宅販売者にとって何を意味するのでしょうか?広いサイズの裏庭などの伝統的な誘惑は、関心を引くのに効果的ではない場合があります。むしろ、グラブバーや車椅子のスロープなどの思いやりのある改善は、実際には、不動産リストの市場性を高める可能性があります。

•デザインカウント。 改善がどれほど実用的であっても、それがバイヤーのスタイルの感性に直面した場合、意図的な投資に対する見返りは見られないでしょう。翻訳:玄関の階段の上の合板のランプをぎこちなく支える代わりに、時間をかけて(そして余分なお金を使って)支援を必要としない人や助けを必要としない人を疎外することなく、アクセシビリティを案内します。

•プロを登録する。 高齢者の日常生活を促進するために家の便利さを構築するとき、特にリフォーム作業にアクセスランプの追加が含まれる場合は、建築家やランドスケープデザイナーの専門知識を無視しないでください。一方では、アーキテクトはプロジェクトが標準仕様に準拠していることを確認できます。一方、ランドスケープデザイナーは、結果としてあなたの財産の縁石の魅力が影響を受ける範囲を最小限に抑えることができます。

• 自慢する権利。 ある住宅所有者は、彼女の牧場の家にエレベーターを設置していました。リフトは、夫が完成した地下室、多くの場合家族が集まる場所に到達できるようにしました。エレベータは、キッチンとパーティースペースの間で大皿や汚れた皿を簡単に運ぶことができるため、娯楽の際にも便利でした。住宅所有者によると、2万ドルの投資は、エレベーターはライフスタイルのアメニティーであるのと同じくらいアクセシビリティーの指標です。

•アクセシビリティを統合します。 もはや純粋に実用的ではない、アクセシビリティ機能も美的価値を帯びてきました。バスルームの備品と仕上げのメーカーは、彫刻的なパナッシュ付きの車椅子用高さのトイレ、または高級なタオルハンガーのようなグラブバーなどを提供しています。家庭内の他の場所で行われた選択の品質に沿って、アクセス可能な要素を主張する場合、アクセス可能な機能は、それらを必要とする人には明らかであり、必要のない人には透過的です。