未分類

書道レッスン1の書き方:はじめに


まず、ペン。珍しくて高価に見えますが、このペンのセットは総額30ドルでした。それらはほとんどの画材や紙の供給店、またはオンラインで見つけることができます。

作業するために、清潔で平らな面を設定します。紙の選択が重要です。文字がにじんだり流れたりしないので、厚い紙の方が良いです。

かすかな鉛筆で、手紙の底が行くところに直線を描きます。次に、その上に2本目の線を引き、すべて同じ高さになるようにします。

これで、始める準備ができました。

基本的な小文字「a」から始めます。書道では、小文字は極小として知られています。大文字はmajusculesと呼ばれます。図のように、一番上の行から始めます。

ペン先の平らなエッジが線の長さを走るように、ストローク全体でペン先の角度を同じ方向に保ちます。下にスイープして、逆に細長い「s」の形を作ります。

最初のストロークが完了したら、ペン先を茎の幹の半分まで上げます。ペン先の角度は常に同じ方向に保つようにしてください。そうしないと、文字がゴツゴツして不均一に見えます。

2番目のストロークは、基本的に、トランクの途中からベースまで続く文字「c」です。両方のストロークの中央部分が端よりもはるかに厚いことに注意してください。

そして、プレスト、あなたはあなたの最初の書道の手紙を作りました!ヒント:ペン先の角度に注意を払うようにしてください。ストロークを開始したら、しみを防ぐためにすばやくペン先を移動してください。そして練習!


ビデオを見る: 伊藤さんの楷書行書草書体の美しい書き方 中本白洲解説 (1月 2022).