未分類

書道レッスン2の書き方:bからfまでの極小


基本的な極小の「b」。左側のブロックは無視してください。間違ったサイズで書いた「b」です。ペン先を左に45度下に傾けて、一番上の線よりかなり上から始めます。図のようにトランクを作成します。

下から、2番目の部分に右に進みます。ペン先の角度を維持しながら、トランクの約3分の1から半分まで半円を描きます。デモ用に少し誇張してみました。

私の最高の仕事ではありませんが、あなたはその考えを理解します。文字「b」、そしてそれは簡単でした!

文字「cはさらに単純です。45度の角度を維持し、小さな上向きの目盛りを作成してから、半円を作成します。

「d」の場合は、「b」を開始するのと同じストロークを作成してから、下部に上向きのチックを作成します。

最初のストロークと同じ角度を保ちながら、「b」の場合とほぼ同じ高さで2番目のストロークを開始し、文字「c」を作成します。

「e」の場合は、文字「c」を作成することから始めます。

次に、「c」の上部にある目盛りから始めて、最初のストロークに達する直前に上に曲がるまで、ペン先の細いエッジが約45度下に移動するようにわずかに曲がった線を作成します。

「f」の場合、一番上の線よりかなり上に目盛りを作成し、次に一番下に別の目盛りを付けて杖を描きます。

トップラインに沿って2番目のストロークを作成します。ペン先が45度の直線です。

おめでとう;あなたは今、ごくわずかな6文字を知っています!私が使用しているフォントはFoundationalと呼ばれ、最も基本的な書道フォントと見なされているため、このように呼ばれています。パーディじゃない?

ヒント:比例してください!ある場所で1つのサイズの手紙を作成し、別の場所で大きいサイズまたは小さいサイズの手紙を作成すると、原稿がだらしなく見えます。繰り返すのが難しいストロークを練習します。


ビデオを見る: 玉川習字教室 基本点画点の書き方 (10月 2021).