未分類

書道レッスン3の書き方極小g-l


文字「g」はおそらくほとんどの文字よりも複雑です。ペン先を左に45度の角度にして、一番上の線の近くから始めます。

図のように再び上部に到達すると、円を作成して「尾」を作成します。私はこの特定の手紙に対して円をやや大きすぎましたが、それはその目的をすべて同じように果たします。

ペン先の角度を維持しながら、「g」の下半分を作成します。左に短いストローク、右に長いストローク、そして両方の下にトラフがあります。

上下に目盛りが付いた基本的なトランクを作成して、「h」を開始します。

トランクの約3分の1のところまで2番目のストロークを開始し、「h」を完了します。ストロークの終わりに必ずフレアアップして、文字が太い線ではなく優雅な細い線で終わるようにしてください。

文字「i」は、上から下に伸びるトランクで作られていますが、背は高くありません。

時計回りに小さな半円を描いて「i」にドットを付けます。同じペン先の角度を維持すると、図のようにコンマのようになります。

文字「j」も基本的なトランクで始まりますが、収益に達したら、続けて、その下に杖を作成します。図のように、線が薄くなるまで続けます。

「i」にドットを付けるのと同じ方法で「j」にドットを付けます。

文字「k」も基本的なトランクで始めます。

トランクの約3分の1のところまで2番目のストロークを開始します。もう一度トランクにぶつかるまで、文字のスペースを取りすぎないように注意しながら、時計回りに円を描くように動かします。

そこから、わずかに湾曲した下向きの斜めの動きである3番目のストロークに右に進みます。最後にフレアアップして、細い線で「k」を完成させます。

極小の「l」はおそらく最も簡単な文字です。浅い杖を形成するために底でフレアアップして、基本的なトランクを作ります。

これで、レパートリーにさらに6文字が追加されました。


ビデオを見る: ペン習字硬筆お手本ひらがなの書き方徹底解説 How to write Hiragana with pen (12月 2021).