未分類

「ギフトタグ」カードの作り方


私はA5ドローイングブロックを使用しました、それは良いカードストックになります。

ドローイングブロックを切り取り、半分に折ります。定規で折り目をこすります。反対側に折り返し、繰り返してきれいな折り目を付けます。

カードの全長にわたって伸びる色紙を見つけます。

カードのどこから色紙を開始および停止するかを決定し、それに応じて紙を折ります。紙を切る。

紙の左上隅に1つの穴を開けます。

紙の裏に施行リングを置きます。あなたが望む最後のことは、あなたの友人が次に巨大な山からそれを引き出した場合にあなたのカードを引き裂くことです。

穴の近くを除いて、紙のすべての境界に接着します。カードに貼り付けます。

私は紙をきちんとカットしませんでした、それは私が望んでいたようにカードの全長をうまくカバーしていません。気にしないでください、これが私がすることです...

そのように境界に沿っていくつかのリボンを接着します。このリボンは、後でギフトタグに使用するものと同じである必要があります。

「ギフトタグ」に穴を開けます。私はこのカードを外で購入しましたが、自分の形を切り取って飾ることで簡単に自分のタグを作成したり、工芸品店に立ち寄って何が見つかるかを確認したりできます。

後ろのエンフォースメントリング。

両方の穴にリボンを通します。私が使ったリボンは短すぎたので、もっと長いものを使いたくなるかもしれません。

リボンを結びます(通常のギフトタグのようにタグが適切にぶら下がらないため、短すぎます)。穴の近くを除いて、上部の境界線にリボンを接着します。

タグには「ありがとう」や「お誕生日おめでとう」などのメッセージを自由に書いてください。カードをドレスアップするために装飾ステッカーをいくつか追加しました。

カードの内側には、昔日本から買った日本のステッカーがいくつかあります。

完成品!私のプロフィールで利用できるより多くのカードガイド。


ビデオを見る: 端材の厚紙とハンコを使ってサンキューカードを作ります (1月 2022).